消費者向け情報

北海道ポークの夕べを盛大に開催!

■ 協会では、消費者の皆様に北海道ポークの安全・安心、おいしさをより知っていただき、北海道ポークをご愛顧いただきたく、毎年、生産者との交流パーティーを開催しています。

今年度も去る平成29年11月24日、ホテルモントレ札幌において、恒例の「北海道ポークの夕べ」を開催いたしましたので、写真等でその様子をご紹介しますから、次回のパーティーにはぜひご参加いただきたいと思います。

この消費者との交流イベントは今回で6回目を数え、日中開催された生産者向け全道養豚経営研修会に出席した会員・養豚関係者に、札幌市内で配布されるミニコミ誌を見て応募された消費者も加わり、約220名の方で会場一杯になりました。

■ 夕べは、北海道農政部小野塚部長から、「生産者自慢の北海道ポークを囲みながら、生産者と消費者が互いに交流し、理解を深められ、北海道ポークをたくさん食べて、生産者を応援いただきますように」との挨拶・乾杯でスタートいたしました。

北海道ポークの夕べに大勢の皆様がご出席

乾杯のご発声をいただいた北海道農政部小野塚部長

 

■ 会場には、主役である北海道枝肉共励会最優秀賞受賞農場産豚肉2種類、札幌市内ではなかなか手にすることができない豚肉がしゃぶしゃぶ用に提供されました。
また、しゃぶしゃぶ用豚肉提供者を代表し、十勝清水町青木ピッグファーム㈱青木会員からの「消費者に喜んでいただける豚肉生産にかける熱い想い」を聞きながら、参加の皆様は「北海道ポークのしゃぶしゃぶ」を存分に味わい、その実力に納得の様子でした。

しゃぶしゃぶ用豚肉の説明をする青木ピッグファーム㈱青木会員

北海道枝肉共励会個人の部最優秀賞「十勝清水産SPF豚」

北海道枝肉共励会団体の部最優秀賞「サロマ豚」

思い思いにしゃぶしゃぶを手にする参加者の方々

 

続いて、ホテル平手シェフから、特別提供された豚肉の特長を生かしながら、腕を振るった特製オリジナル北海道ポーク料理3種、家庭的アレンジメニュー3種の紹介があり、会場には全17種の料理がずらりと並びました。
また、特別料理用に提供されたブランド豚肉生産者、大空町「女満別養豚振興会」後藤会員からは「さくら豚」、また、留寿都村「㈲西原ファーム」西原会員からは「ルスツ高原豚」それぞれの生産方法と肉質についての説明が添えられました。
参加された主婦の中には、豚肉料理のレパートリーの広さやシェフの腕前に感心しながらも、ご家庭の料理に生かすヒントを見つけた方もおられたようです。

特製豚肉料理を説明いただいたホテルモントレ札幌平手料理長

大空町さくら豚「低温ローストポーク」のカッティングサービス

ホテル特製料理用豚肉提供者「女満別養豚振興会」後藤会員

ホテル特製料理用豚肉提供者㈲西原ファーム西原会員

「バラ肉の角煮揚げ オレンジ風味のビガラードソース」

ルスツ高原豚「豚バラ肉と大根の煮込み」

 

■ お楽しみとして、洋楽、邦楽、演歌、ポップス、ジャズなど幅広いレパートリーを持つ、札幌出身の「美保」さんのミニコンサートに、参加者は箸を止めて、聞きほれておられました。 そのあとは、恒例となっている北海道の養豚や豚肉の栄養などに関する豆知識が〇✖クイズで出題され、見事勝ち残った消費者5名には、当麻町「㈲イートン」中瀬会員が生産した「旭山ポークを原料にしたソーセージなどの加工品セット」が提供されました。

締めには、協会の会長代表理事富樫より、「道産を道民へ」を合言葉に、生産者はこれからも安全でおいしい豚肉生産に精進してまいりますのでご愛顧・ご支援をよろしく、と結びました。

札幌で活躍のシンガー「美保」さんの熱唱

北海道ポークトリビアクイズの答えを解説する㈲辻野ポーク藤田会員

最後の当選者一人を決めるじゃんけん大会

勝ち残ったクイズ正解者には商品の目録

閉会の挨拶を述べる富樫会長

ページの上へ